Cyberduckの動作が重い原因は転送ファイルかも?対処法まとめ

Cyberduckの動作が重い原因は転送ファイルかも?対処法まとめ

こんにちは、すっちー(@succhi104)です。

私は仕事やプライベートでFTPクライアントソフトは 「Cyberduck」 を使っています。

無料で使いやすくかなり重宝しているのですが、先日会社のPC(Windows)のCyberduckが重すぎてファイルのダウンロード・アップロードができないという状態になったんです…。

すっちー

特に設定をいじったり、変なことはしていないと思うんだけどな…Windowsだからかな?(偏見)

みたいなことを思っていたのですが、全然そんなことなかったんですよね。

原因は 「転送ウィンドウにたまった履歴」 でした!

この記事では、Cyberduckが重すぎて使いものにならなくなった場合の解決方法について解説します!

同じ状態で悩んでいる人の参考になれば幸いです。

Cyberduckが重いのは転送ウィンドウにたまった履歴のせいでした

冒頭でも書きましたが、私のCyberduckが重い原因は 「転送ウィンドウにたまった履歴」 でした。

なので、この履歴を消すことができればスッキリ解決です!

転送ウィンドウの履歴削除方法

転送ウィンドウの履歴の削除方法は、次の2通りあります。

①削除ボタン(ほうき)で削除
②転送ファイルを格納しているフォルダの中身を削除

すっちー

私は履歴がたまりすぎて転送ウィンドウが開かなかったので、②の方法で解決しました(笑)

それぞれやり方を解説しますね!

①削除ボタン(ほうき)で削除

そもそも転送ウィンドウって何?

という人もいるかもしれません。

転送ウィンドウは、ファイルのダウンロードやアップロードをした際に表示されるウィンドウです。

①削除ボタン(ほうき)で削除

このウィンドウの 「削除ボタン」 をクリックして、転送履歴を削除しましょう。

すっちー

Windowsだとほうきマークになっています!

①削除ボタン(ほうき)で削除

これでCyberduckの動作が軽くなっていればOKです!

②転送ファイルを格納しているフォルダの中身を削除

私のように転送履歴が残りすぎてウィンドウが開かない場合は、転送ファイルを格納しているフォルダの中身を削除しましょう。

Windowsの場合は、以下の場所に格納されています。

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Cyberduck\Transfers

②転送ファイルを格納しているフォルダの中身を削除

すっちー

私が見たときは1000以上の履歴ファイルが残っていました。どうりで重いはずです…!

Macで現象は発生していないので確認できていないのですが、以下のファイルを削除しても動作が軽くなるみたいです。

Users/(ユーザ名)/Library/Preferences/ch.sudo.cyberduck.plist

同じ過ちを繰り返さないために、自動削除する設定に変更

いちいち転送履歴を削除するのが面倒くさいな…

と思う人は、自動で削除されるように設定しちゃいましょう!

これで同じ過ちを繰り返さなくて済みます。

Windowsの場合は、 編集 > 環境設定 を選びます。

同じ過ちを繰り返さないために、自動削除する設定に変更

開いたウィンドウの中に「転送」タブがあるのでこちらをクリックし、転送の中の次の項目にチェックを入れます。

  • すべての転送が完了したら転送ウィンドウを閉じる
  • 転送完了後に項目を削除

これで自動削除されるようになりました。

同じ過ちを繰り返さないために、自動削除する設定に変更

Macの場合は、画面左上のタブメニューから Cyberduck > 環境設定 を選び、あとはWindowsと同じように設定すればOKですよ!

同じ過ちを繰り返さないために、自動削除する設定に変更

Cyberduckを軽くする方法まとめ

Cyberduckが重いときの対処法・軽くする方法をまとめました。

Cyberduckに限らずですが、 無駄なファイルやデータは残さずにある程度で削除しないとダメですね。

すっちー

いい教訓になりました…!

同じような状況で困っている人の参考になっていれば幸いです!

それでは~